看板


営業予定| ご予約方法| 駐車場| お店の歴史| 地図| オーディオ機器のご紹介| カフェ『la pierre』



店内写真

◎ジャズ喫茶ウェザーリポートの営業予定(19時45分開店、20時ジャズフラッシュ演奏開始)

--全席指定席--


 

*** ✨✨4月のジャズライヴご案内✨✨ ***



✨歌島昌智🎹(pf)& MARINO🎷(sax)✨ Duo Live🎵🌺



早くも夏🏝️の薫りを運んで来てくれそうな宮古島出身 《Marino》 がサックス🎷片手に久しぶりにウェザーリポートに💓👏👏👏
さ〜て《Uta 》🎹との過激なバトル👊も愉しいおしゃべり👄も、ご期待❗❗

(🍰+☕️or🍷)3,500円20時~22時のこり2席です
早めの席💺のご予約のメール✉️、お電話📞お待ちしてます❕

🌟




*** 今後の予定 ***


4月19日(金) ジャズライブ✨歌島昌智🎹(pf)& MARINO🎷(sax)✨ Duo Live🎵🌺
(🍰+☕️or🍷)3500円20時~22時(あと2席!)

4月27日(土) ジャズフラッシュ(🍰+☕️or🍷)1500円20時~22時(空席有)


***✨ジャズフラッシュとは、レコードを用いて行うコンサートのことです✨***
週末、先着15名様の皆さんとジャズを愉しんでいます。🎶
ハーフでヴォーカルタイム(ボリュームをおとして語らい、お手洗い休憩)をとらせていただきます。
合間、3代目ジャズおやじもちょいと語ります。

😊


***  安心してジャズをお楽しみいただけますように  ***
高機能換気設備ベンティエール(ダイキン工業製)を設置、常時換気しております。
マスクの着用・手指の消毒など、ご協力をどうぞよろしくお願い致します


*** ✨ウェザーリポートにはアップライトピアノ🎹が常設となっております✨ ***
毎週のレコードコンサート ️に加えて、不定期ではありますが
生ジャズの愉しさ、面白さを皆さんと満喫できたらと思います💓






💿4月13日のジャズフラッシュ演奏レコードです🎵

今回は、超!満席🈵でした😊

①Wynton Kelly 🎹(1971/39歳歿)
『Full View』(1966)

ケリーは、夭折ですが😢マイルス学校でも優等生👍
トリオアルバムからスタート🎶

②Nathan Davis 🎷(2018/81歳歿)
『London By Night』(1987)

去年91歳で天界へ召されたダスコ・ゴイコヴィッチ🎺をゲストに迎えて、哀愁に満ちた演奏を愉しみました😌

③ヴォーカルタイム🎤は
Carol Kidd 👄の美しい唄声を💓

④Count Basie 🎹(1984/80歳歿)
『88 Basie Street』(1983)

お客さんのリクエスト❕
まったりとベイシーの単音の魅力に会場、嵌りました👏

⑤Don Pullen 🎹 (1995/53歳歿)
『Angedras』(1982)

ラストの一枚もお客さんのリクエスト《🇮🇹Black Saint》から

Marcello Melis (b)の渾身のアルバムに前衛、奇抜なプーレンのピアノテクが加わって異次元世界🌁へ❗❗





✨ライヴレポート✨ 2024.3.22 🎶白石伸夫🎻& Kika👄🎤 &歌島昌智🎹 Trio Live🎶

🌟奇Kika怪な😱一夜とはならず、
このトリオはやっぱり超リラックス&本当に愉快なライヴナイト🌃となりました

初っぱなから、ブンブンベースの白石といろんな曲想を混ぜながらの歌島ピアノはモンクと②《ソフトリー》でお客さんをガッチリ👍

ここで、新調のドレス👗でお目見えの Kika。
独特のMCは面白く笑いを誘うなかで、聖子ちゃんナンバーも交え、ジュリーロンドン⑤などのスタンダードを、次々歌い上げました😉

2部の入りの《アビス》作曲の永田利樹って立教出身で僕の後輩。
すこ〜し怖いタイトルだけど、何時までも聴いていたい❛ 情景ジャズ❜でしたね💓

Kika の声質👄と Uta🎹 の高音域のピアノタッチとNoburin🎻の重量級ベース、そしてアコーディオンにアルコ演奏はますますピッタリに💃

聖子の《夢でもし…》から展開の《オンリー・トラスト…》には、D.クラールを思い起こしました😌

アドリブに《めだかの学校》が入ったあたりから会場一体となり、手拍子も加わって最高潮👏👏👏

ラスト2曲は自由自在❕

歌島ピアノは煌めき、重量級白石ベースは響き渡り、暖かな雰囲気のうちにお開きです😊

  ✨Thank You Everybody✨

【1st 】
①Evidence
② Softly As In The Morning Sunrise
③Almost Like Being Love
④The Second Time Around
⑤You And The Night And The Music
⑥小麦色のマーメード
⑦The Things We Did Last Summer

【2nd】
① Abyss
②Rhythm-A-Ning
③夢でもし会えたら〜Only Trust Your Heart
④Teach Me Tonight
⑤My Foolish Heart
⑥S’ Wonderful
⑦As Long As I Live

🌟




💿3月16日(土)のジャズフラッシュ演奏レコードです🎵

①福居良 🎹 (2016/68歳歿)
『ライヴ・アット・びーどろ '77』(1977)
毎年3月になると、良さんの笑顔が偲ばれます😌

②Ralph Peterson (ds)(2021/58歳歿)『V』(1988)
これからのジャズシーンの牽引者になるはずであった
R.ピーターソンのアタック🥁が素晴らしい👏
T.ブランチャード🎺、J.アレン🎹もナイス❕

③リクエストです❢
久しぶりにA.ブレイキーの名盤から
《Moanin'》の一曲を💃
ちょうど作曲のB.ティモンズ🎹は今月が祥月でした

④🎤はお客さん持参のアルバム
✨Sarah Vaughan ✨
『How Long Has This Been Going On?』(1978)
サラを堪能です😉
それにしても、O.ピーターソン🎹のバッキングは素晴らしい👍

⑤ここで、昨年3月28日71歳で逝去の坂本龍一を追悼しました😢
闘病中に書きとめたというソロ🎹
《The Sheltering Sky》
やはり、想いが・・・

⑥ラストは冬も終るという時季なので、ガネリン・トリオの🌁異次元世界🌁を愉しみました❗
『Live In East Germany』(1978)

この3人の演奏は、毎回新しい発見で気分が高揚しますね〜💓
当時の聴衆のレベルに👏👏

🌟




💿3月8日(金)のジャズフラッシュ演奏レコードです🎵

①Lester Young 🎷(1959/50歳歿)
『Pres On Keynote』(1944)

ジャケット見ながら聴いてると、妙に落ち着きます😉
大橋巨泉のお勧めでしたね〜

②McCoy Tyner 🎹(2020/81歳歿)
『Inception』(1962)

タイナーの初リーダーアルバムを
じっくり。コルトレーンの呪縛が無くてリラックス❕

③Gil Evans 🎹(1988/75歳歿)
『Live In Germany』(1978)

いつの間にか惹き込まれてしまう、エヴァンス・オーケストラ😌
ヨーロッパでの日野皓正🎺のソロがカッコイイ❣

④ヴォーカルタイム🎤は
Salena Jones 👄を愉しみました✨

⑤Wayne Shorter 🎷(2020/89歳歿)
『Adam's Apple』(1967)

あらためてショーターのアルバムを聴き直すと素晴らしく、去年の逝去が残念に思います😢

⑥ラストはちょうど8日が命日の
鈴木勲🎻🎹(2022/89歳歿)
『Blue Road』(1975)

お客さん持参の元《TBM》レーベルの発掘ライヴアルバム❕
森剣治🎷、渡辺香津美🎸が尖っててナイスです👏




💿3月2日(土)のジャズフラッシュ演奏レコードです🎶

①Michel Sardaby🎹(2023/88歳歿)
『Night Cap 』(1970)
なんと、サルダビー昨年12月6日
鬼籍に入ってました😢
また一人お気に入りのピアニストが・・・

②Arnett Cobb 🎷(1989/70歳歿)
『Muse All Stars Live At Sandy's!』
(1978)
暖かい音色で朗々と吹き上げるコブのライヴを愉しみました👏

③ヴォーカルタイム🎤はお客さん持参の笠井紀美子👄
『We Can Fall in Love』(1976)
《This Masquerade》は聴き入りますね😌

④Bob Magnusson (b)
『Revelation』(1979)
マグヌッセンはJ.ファレル🎷、A.ペッパー🎷のバックでずいぶん演ってますね~👍

⑤小田切一巳🎷(1980/31歳歿)
『突撃神風特攻隊』(1976)

お客さん持参のレア盤、アケタの店での私家録音❗タイトル通りの当時のフリー🆓ジャズ👊
31歳で夭折の小田切、
《Blue Giant 》の❛ 大 ❜になってたか❕




✨ライヴレポート✨ 2024.2.23
🎵歌島昌智&三成Duo Live🎵

当夜🌃のコンセプトは ❛日本人のジャズ❜
今宵の2人のオリジナルは2曲づつ
あとは全て日本のミュージシャンによる楽曲を愉しみました😊

作曲と演者の『立ち位置』がわかるとさらに面白く、感動💓

音の太くなった三成テナー🎷でお客さんを掴みスタート❕

昨年逝去のUtaさんの恩師、松風鉱一の曲には、『昭和感が漂いますね〜』とMC・・・

会場には、平成生まれのお客さんもお見えでしたけど、
確かに高度成長期から全共闘までの情景が脳裏に浮かんで来ましたね🌁

特に、山下のキアズマと板橋のフルサト渡良瀬川の奔流メドレーで、
浅川マキが唄ってるケンタウロスとグッド・バイには思わず涙😢

アコーディオンの音色もピッタリ嵌りました👍

以上1部

2部に入りUtaさんお得意の《情景ジャズ》を満喫の後
、三成フルートに持ち替え《物語性》のある水谷の音楽世界をしっとり聴かせてくれました🍀

ここから一転❗
「これでいいのだ〜」の坂田の世界へ突入❗❗❗
久しぶりに、ウェザー・リポートの《掟》の🌁音楽世界🌁が現出しました👊👊👊

ラストはクールダウン🆒に
富樫の生き様について ❛ へぇ~ ❜しながら、
穏やかな🎶ワルツ曲🎶で平和な気持ちになりました😉

アンコールはご存知の名曲を
朗々と謳い上げてお開きです👏👏

①Ask to Stars(三成)
②w-w-w(松風紘一)
③ケンタウロスの子守唄〜Chiasma(山下洋輔)
④Watarase〜Good bye(板橋文夫)

2nd
⑤Moon Jumper(三成)
⑥Borde Borroso(歌島)
⑦9(歌島)
⑧Yamori(水谷裕章)
⑨Song315(水谷裕章)
⑩A Good for Nothing「役立たず」(坂田明)
⑪Waltz Step(富樫雅彦)

アンコール
見上げてごらん夜の星を

✨Thank You Everybody✨


💿
💿✨✨







空席数は電話(080-2897-4518)までお問い合わせください。
空席がある場合は当日でもお入り頂けます

WEATHER REPORTの営業は週1回、通常は2時間のレコードを使用して行うコンサート「JAZZ FLASH」となります。

料金は一律1500円お飲み物付きです。

[飲み物メニュー]

自家製ケーキセット(自家焙煎珈琲/紅茶)
ビール(ハイネケン)
ウィスキー(ワイルドターキー8)
日本酒(地酒月山)

から、おひとつ
お飲み物のおかわりは500円です

>>ご予約方法<<

お席のご予約は電話(080-2897-4518)にて、

またはライン公式アカウントのチャットからお受けいたします。
(画面下ホームページへのリンクメニューが大きく表示される設定になっていますので、
画面左下キーボードマーク(⌨)を押してからチャット入力をお願いします(o*。_。)oペコッ)
ラインQRコードはこちらです↓


レコードのリクエストも歓迎です。
リクエストは当日では間に合いませんので、お早めにご連絡くださいませ。

>>駐車場<<

駐車場は同ビルの3階~6階にございます
ご来店の際には駐車券をお持ちください
駐車料金無料処理をさせていただきます







>>お店の歴史<<


1968年
    神戸生まれの長友貴郎氏(1917年生まれ)が松江市千鳥町(現在地)にて ジャズ喫茶『WEATEHR REPORT』を開業
1993年
    「KANG TAE HWAN & SAINKHO NAMTCHYLAK LIVE」を企画・開催。CDを作製
2000年
    高齢(83歳)のため惜しまれつつ閉店 (閉店後は常連客の男性が維持・管理を行う)
2010年
    「松江開府400年祭」のイベントとして1ヶ月間限定の特別営業
2011年~
    再開発事業によりビルが建て替えとなる
2017年
    CoCo MATSUEビルとしてすべての工事が完了し同年5月、懐かしいソファー、ランプなどの 調度品はそのままに カフェ 『ラ・ピエール』が1階にオープン
    同時に3代目オーナーが、週1回夜2時間限定で元『WEATHER REPORT』で使用されたオーデイオ機器を使いレコードコンサート《JAZZ FLASH》を再開、現在に至る

>>オーディオ設備の紹介<<


スピーカー (片ch)
  • 特注エンクロージャー
  • 低域ユニット GAUSS 5831(×2)
  • 中域ユニット GAUSS HF400 + JBL HL90
  • 高域ユニット GAUSS 1502
アンプ
  • プリアンプ McINTOSH C32(×2)
  • パワーアンプ McINTOSH MC2205(×6)
  • クロスオーバーネットワーク amcron VFX-2A(×2)
プレーヤー
  • ターンテーブル WIN LABORATORIES SDC-10
  • トーンアーム ortofon RMA-309
  • カートリッジ ortofon SPU Meister AE
  • 昇圧トランス COTTER MK-2
  • イコライザーアンプ COTTER PSC-2
  • ノイズフィルター/バッファー COTTER NFB-2

WEATHER REPORTのオーデイオ装置は初代マスター長友氏がほぼ30年に亘り遣い込んだレコード演奏装置です
氏の言葉によれば「オーデイオの介在を意識から消し去り、フリージャズに潜む官能美を空間に解き放ちたかったからなのです・・・・・・。」
ぜひ、追体験をご一緒にいかがですか・・・


>>地図<<


〒690-0852 島根県松江市千鳥町83

手書地図


>>カフェ『la pierre』<<

ジャズ喫茶 ウェザーリポートは日中、カフェ『la pierre』として営業しています。
手作りスイーツとジャズと木洩れ日に癒されるお店になっています。
「カフェ ラ・ピエール」