看板


営業予定| ご予約方法| 駐車場| お店の歴史| 地図| オーディオ機器のご紹介| カフェ『la pierre』



店内写真

◎ジャズ喫茶ウェザーリポートの営業予定(19時45分開店、20時ジャズフラッシュ演奏開始)

--全席指定席--


 

*** ✨✨2月のジャズライヴご案内✨✨ ***




✨🎵三成🎷&歌島🎹 Duo Live🎵  《Japanese Song Book》



❝美しくも過激な邦人ジャズの愉悦❞
とのコンセプトによるジャズナイト🌃で冬のひとときを・・・😊

2月23日(金祝)19時30分開場 20時00分開演
お飲み物セット付(☕️+🍰or🍷) 3,500円です

早めの席💺のご予約のメール✉️、お電話📞お待ちしてます❕

🌟




*** 今後の予定 ***


2月は
C.コリア🎹、L.モーガン🎺、H.パーラン🎹、J.スミス(org)、A.コーン🎷
T.ウィリアムス🥁、C.テリー🎺、T.モンク🎹などを愉しみたいと思います👏
リクエストのメール✉️、お電話📞お待ちしてます😊


2月23日(金祝) 🎵三成🎷&歌島🎹 Duo Live🎵  《Japanese Song Book》
(🍰+☕️or🍷)3500円20時~22時(空席有)

3月2日(土) ジャズフラッシュ
(🍰+☕️or🍷)1500円20時~22時(空席有)

3月8日(金) ジャズフラッシュ
(🍰+☕️or🍷)1500円20時~22時(空席有)

3月16日(土) ジャズフラッシュ
(🍰+☕️or🍷)1500円20時~22時(空席有)

3月22日(金) ジャズライブ準備中!  山口のたのしい仲間が来てくれそうです🌺
(🍰+☕️or🍷)????円20時~22時(空席有)詳細情報おまちくださいませ

🌟3月第5週は、おやすみいたします
🌟4月第1週は、ジャズおやじが町内のおしごとでおやすみ頂くかもしれません。


***✨ジャズフラッシュとは、レコードを用いて行うコンサートのことです✨***
週末、先着15名様の皆さんとジャズを愉しんでいます。🎶
ハーフでヴォーカルタイム(ボリュームをおとして語らい、お手洗い休憩)をとらせていただきます。
合間、3代目ジャズおやじもちょいと語ります。

😊


***  安心してジャズをお楽しみいただけますように  ***
高機能換気設備ベンティエール(ダイキン工業製)を設置、常時換気しております。
マスクの着用・手指の消毒など、ご協力をどうぞよろしくお願い致します


*** ✨ウェザーリポートにはアップライトピアノ🎹が常設となっております✨ ***
毎週のレコードコンサート ️に加えて、不定期ではありますが
生ジャズの愉しさ、面白さを皆さんと満喫できたらと思います💓





💿2月9日(金)のジャズフラッシュ演奏レコードです🎵

①Ike Isaacs (b)(1981/57歳歿)
『at Pied Piper』(1967)

存在感のあるベーシスト🎻
再発盤では、Jack Wilson 🎹のリーダーアルバム?って、面白い❣

②Al Cohn 🎷(1988/62歳歿)
Buddy Tate🎷(2001/87歳歿)
『Tour De Force』(1981)

虎ノ門ホールでScott Hamilton🎷も加わっての3管テナーライヴ🎶
ゴキゲンにノリノリ💃です

③ヴォーカルタイム🎤は
Carmen McRae👄
『Haven't We Met?』を愉しみました😊
①のアイク・アイザックスが旦那さんでした。

④Thelonious Monk 🎹 (1982/62歳歿)
『Straight No Chaser』

モンクの肉声が聴けたり、ソロやコルトレーン🎷が入ったり、特異なモンクワールド🌁です👏

⑤ラストは 🇩🇪ECM レーベル
Chick Corea 🎹 (2021/79歳歿)
『Trio Music Live In Europe』(1984)

もう、3年も経つのですね😢
🇨🇭Willisauでのコンサート
M.ヴィトウス🎻、R.ヘインズ🥁、
三者が繰り広げる《幻想世界》を満喫しました😌

🌟




💿2月3日(土)のジャズフラッシュ演奏レコードです❢

①George Shearing 🎹(2011/91歳歿)
『Dexterity』(1987)

イギリス出身盲目のピアニスト、シェアリングがゆったり弾くサクラサクラ🌸は素敵でした💓

②Jimmy Smith (org) (2005/79歳歿)
『The Dynamic Duo』(1966)

W.モンゴメリー🎸との双頭アルバム❢
この2人が揃えば👍

③ヴォーカルタイム🎤は
先週に続いてお客さん持参の
八代亜紀👄をジャズアルバム
『夜のつづき』で偲びました😢

④Tony Williams 🥁(1997/51歳歿)
『Native Heart』(1989)
当時の第一線メンバーを迎えて、
スリリングなトニーのドラミングを満喫👏
ジャケットのフォトが、意味深ですね〜

⑤ラストは🇨🇭《hat ART》レーベルのリクエスト❣

Joe McPhee 🎺&🎷(1939生)
『A Future Retrospective』(1979)

❛ 未来の回顧 ❜と云う不思議なタイトルアルバムを愉しみました👊




💿1月27日(土)のジャズフラッシュ演奏レコードです🎵

①Erroll Garner🎹(1977/55歳歿)
『Misty』(1954)

超名盤、元祖の《ミスティ》を6年ぶりに聴いてみました。やはり、ナイス👍

②Michel Petrucciani🎹(1999/36歳歿)
『Power Of Three』(1986)

モントルーFesでの、夭折の異才ペトルチアーニとビッグなふたり、W.ショーター🎷J.ホール🎸のトリオライヴ🎶

③八代亜紀👄🎤
『夜のつづき』(2017)

先月30日、73歳で急逝した亜紀さんを、お客さん持参のジャズアルバムで追悼しました😢
日本語でこんなに歌い上げれるんだ〜、と感動しますね💓

④本田竹広 🎹(2006/60歳歿)
『Salaam Salaam (平和)』(1974)

20分に及ぶ本田の名演をしっかり堪能👊
サイドのJ.ブース🎻、E.グラブァット🥁も素晴らしい❗

⑤ラストは
Paul Bley 🎹(2016/83歳歿)
『Virtuosi』(1967)

ヴィルトゥオーソで ❛ 達人 ❜ の意味
この名手3人が演れば、様々な情景が・・・😌




✨ライヴレポート✨ 2024.1.19

🎶Canta k.u.n 〜歌島昌智🎹&國方暢之介🎻&奈良井哲🥁

Weather Report でこのピアノトリオライヴは回を重ね、リラックスムードでの🌅新春ライヴ❗

ハーフで飛び入りのお客さんもあって超満席🈵のジャズナイト🌃でした

さて、Utaさん横笛も披露してアップテンポ💃に全開〜スタート❕

少〜しダルい、B.エヴァンスのブルース曲から
“とても危なっかしい”って意味の
C.コリアの曲とタイプの違うピアノ曲が面白く、
3人のソロもますます軽快です👍

一転、《TLF》の情景ジャズ🌁はもの哀しいメロディ💓をまったりと演奏、聴き入りました😌

続いて昨年3月、
天界へ召されたW.ショーター🎷への想い😢を綴ったペトルチアーニの曲で、暫し休憩❣


1st
①Hop /Simon Toldam
②Loose Blues /Bill Evans
③Humpty Dumpty/Chick Corea
④Passacaglia /TLF trio
⑤Thinking of Wayne
/Michel Petrucciani
飛び入りのお客さんへのサービス曲はなんとジェリ・アレン❗❗
ガンガン弾いてノッて来ました👊

続く4曲は歌島オリジナル♥️

國方のアルコ弦の響に、奈良井のブラッシングが歌島ピアノの澄んだ単音に重なり合い、 歌島の描き出す🌁幽玄な音楽世界🌁を満喫しました😊

でも、どこか日本的で名を瞑れば様々な情景が浮かんで来ましたね😌
 
ラストは🇺🇸新進グループ《ELEW》
Eric Lewis 🎹ってナイス❕

ルイスに負けじとUtaピアニスト、
鍵盤狂うほど弾きまくり、お客さん大満足👏

アンコールのフォーレの
 ❛ 夢のあとに (邦題)❜ 
でお開きです🌟

 ✨Thank You Everybody✨

⑥Dolphy's Dance/Geri Allen
⑦Chester /歌島オリジナル
⑧Dimmig elv /  〃
⑨Entangle(縺れ)/ 〃
⑩The Castle of Oblivion(忘却の城)
       / 〃
⑪Tones for Elvin Jones/ELEW trio
 アンコール
 Après Un Rêve/G.faure' arr.歌島




💿1月12日(金)のジャズフラッシュ演奏レコードです🎵

①Walter Bishop Jr. 🎹(1998/70歳歿)『Valley Land』(1974)

久しぶりに安心して愉しめるピアノトリオからスタート👏

②Joe Farrell 🎷(1986/48歳歿)
『Skate Board Park』(1979)

相性がいいのかな〜、C.コリアのエレピが爽やかですね💃

③浅川マキ👄🎤(2010/67歳歿)
『Live』(1971)

マキに少し思い入れがあって、今年も紀ノ國屋ホールでのライブ盤で😌

④Bobby Few 🎹(2021/85)
『More Or Less』(1973) 仏🇫🇷盤

いやぁー、ヒューは演ってくれます❗
バリバリの🆓を堪能しました👍

⑤Butch Morris 🎺cor(2013/65歳歿)『Some Order , Long Understood』
(1982) 伊🇮🇹Black Saint盤

W.ホロヴィッツ🎹、W.パーカー🎻
とモリスが描き出すの特異な音楽世界🌁を満喫しました👊

🌟




🌅 2024年最初のジャズフラッシュ演奏レコードです🎵

天災人災で慌ただしい年明け、
ひと時をジャズ鑑賞で・・・✨

①《🇮🇹RED》レーベルから
『Into The Blue』(1987)
プラヴィオ・ボルトロ🎺他、新進気鋭のイタリアンメンバーの演奏は、ナイス👍

②Gianni Lenoci 🎹
何と2019年に56歳で、天界へ召されてました😢
『Plaything』(2012)

タッチが気になってたレノーチの
幻想的🌁なアルバムで追悼😌

③恒例の《🇨🇭hut ART》2枚組を👏
今年は、
❛ Vienna Art Orchestra ❜の
『Perpetuum Mobile』(1985)
80分のライヴ録音🎶をノンストップ❕で愉しみました

様々な曲想で展開が早く、集中力も体力も鍛えられますね👊

🌟

12日(金)、27日のジャズフラッシュでは、祥月のミュージシャンを愉しみます❗

C.ミンガス🎻、S.クラーク🎹、D.ガレスピー🎺、
M.ペトルチアーニ🎹、J.ファレル🎷、P.ブレイ🎹、
G.マリガン🎷、本田竹広🎹、など…






🌅みなさん、新年となりました🌅

今年も ❛JAZZ ❜ で

✨人生に彩りと感動を・・・✨

先ずは
🎵歌島昌智&中井知恵美
X'mas🎄ピアノデュオセッション🎶
のライヴレポート(2023.12.23)から

当夜のゲストはニューヨーク帰りのラテンジャズピアニスト🎹
ちえみ👄さん
少し構えてましたけど、とても気さくでチャーミング😉

とてもホットなX'mas🎅ジャズナイト🌃となりました😊

🆓風スタンダード、ラテン風モンクと続き
《Poet》はアルメニア人のハマシアン、中東の香りがナイスな曲で、Utaのアコーディオンの音色がピッタリ👏

ギックリ腰😱のお話しのあと、
Utaのソロはジェリ・アレン👍

そしていよいよラテンナンバーの名曲をご披露でノリノリ💃で〜す

以上1部終了

All the Things You Are
Monk's Mood
Poet (Tigran Hamasyan)
For John Malachi
Obsesion


2部は
3月に天界へ召された😢W.ショーター🎷の曲で追悼
思わず瞑目し、ハマりますね💓

次は、エレピでお遊び❣
スキャットヴォイスは
❝ 電子の声 ❞でモンクの曲が、
素っ頓狂に❗❗

季節感のない《赤トンボ》は
飛んでましたか?

続いてのちえみさん熱演ソロ🎵
これは、生ピアノで聴いてみたいですね〜

ラストは邦題《世界の果て》
アコーディオンはどこか物哀しく
美しいメロディにまったりと浸りました😌

そして
❝マンボの王様❞ ティト・プエンテとスィンギー奥田🥁のお話しとともにお開きです👏

Infant Eyes
We See
Akatombo
Transformation (中井オリジナル)
En La Orilla Del Mundo
(Martin Rojas)
Mambo Inn(Tito Puente)

✨Thank You Everybody✨

🌟







空席数は電話(080-2897-4518)までお問い合わせください。
空席がある場合は当日でもお入り頂けます

WEATHER REPORTの営業は週1回、通常は2時間のレコードを使用して行うコンサート「JAZZ FLASH」となります。

料金は一律1500円お飲み物付きです。

[飲み物メニュー]

自家製ケーキセット(自家焙煎珈琲/紅茶)
ビール(ハイネケン)
ウィスキー(ワイルドターキー8)
日本酒(地酒月山)

から、おひとつ
お飲み物のおかわりは500円です

>>ご予約方法<<

お席のご予約は電話(080-2897-4518)にて、

またはライン公式アカウントのチャットからお受けいたします。
(画面下ホームページへのリンクメニューが大きく表示される設定になっていますので、
画面左下キーボードマーク(⌨)を押してからチャット入力をお願いします(o*。_。)oペコッ)
ラインQRコードはこちらです↓


レコードのリクエストも歓迎です。
リクエストは当日では間に合いませんので、お早めにご連絡くださいませ。

>>駐車場<<

駐車場は同ビルの3階~6階にございます
ご来店の際には駐車券をお持ちください
駐車料金無料処理をさせていただきます







>>お店の歴史<<


1968年
    神戸生まれの長友貴郎氏(1917年生まれ)が松江市千鳥町(現在地)にて ジャズ喫茶『WEATEHR REPORT』を開業
1993年
    「KANG TAE HWAN & SAINKHO NAMTCHYLAK LIVE」を企画・開催。CDを作製
2000年
    高齢(83歳)のため惜しまれつつ閉店 (閉店後は常連客の男性が維持・管理を行う)
2010年
    「松江開府400年祭」のイベントとして1ヶ月間限定の特別営業
2011年~
    再開発事業によりビルが建て替えとなる
2017年
    CoCo MATSUEビルとしてすべての工事が完了し同年5月、懐かしいソファー、ランプなどの 調度品はそのままに カフェ 『ラ・ピエール』が1階にオープン
    同時に3代目オーナーが、週1回夜2時間限定で元『WEATHER REPORT』で使用されたオーデイオ機器を使いレコードコンサート《JAZZ FLASH》を再開、現在に至る

>>オーディオ設備の紹介<<


スピーカー (片ch)
  • 特注エンクロージャー
  • 低域ユニット GAUSS 5831(×2)
  • 中域ユニット GAUSS HF400 + JBL HL90
  • 高域ユニット GAUSS 1502
アンプ
  • プリアンプ McINTOSH C32(×2)
  • パワーアンプ McINTOSH MC2205(×6)
  • クロスオーバーネットワーク amcron VFX-2A(×2)
プレーヤー
  • ターンテーブル WIN LABORATORIES SDC-10
  • トーンアーム ortofon RMA-309
  • カートリッジ ortofon SPU Meister AE
  • 昇圧トランス COTTER MK-2
  • イコライザーアンプ COTTER PSC-2
  • ノイズフィルター/バッファー COTTER NFB-2

WEATHER REPORTのオーデイオ装置は初代マスター長友氏がほぼ30年に亘り遣い込んだレコード演奏装置です
氏の言葉によれば「オーデイオの介在を意識から消し去り、フリージャズに潜む官能美を空間に解き放ちたかったからなのです・・・・・・。」
ぜひ、追体験をご一緒にいかがですか・・・


>>地図<<


〒690-0852 島根県松江市千鳥町83

手書地図


>>カフェ『la pierre』<<

ジャズ喫茶 ウェザーリポートは日中、カフェ『la pierre』として営業しています。
手作りスイーツとジャズと木洩れ日に癒されるお店になっています。
「カフェ ラ・ピエール」